<< "歴史痛"の看板に偽りなし?戦国トリビアシリーズ【第三十七夜】 | main | "歴史痛"の看板に偽りなし?戦国トリビアシリーズ【第三十九夜】 >>

"歴史痛"の看板に偽りなし?戦国トリビアシリーズ【第三十八夜】

JUGEMテーマ:コラム


 


 戦国与太噺。導入部、となぜ素直に命名出来ない。(画像は斬?スピリッツより)


■八月十五日のトリビア

 戦国大名がその座を巡って闘争を続けた
 『天下人』。全国制覇が条件と思われがちだが
       
当時の感覚はずいぶんと小さいものだった。



■戦国の覇者たらん『天下』の統一、目指した武将は
 数多いが…その勝利条件とは?


 さて、赤髭が戦国歴史読み物を書く際、織田信長を扱う場合に必ず行うのが
戦国のという称号戴冠。

 1467年
(応仁元年)に勃発した戦国時代の幕開け、『応仁の乱』から数えて百年の1568年(永禄十一年)、他の戦国武将に先立って流浪の将軍・足利義昭を奉じ上洛に成功した乱世の風雲児。

 『天下布武』を掲げ敵対者を討ち滅ぼす『天下布武』を標榜した新たな時代の旗手。その偉大な業績や英雄たる素質、戦国武将の代名詞たる活躍と功績を歴史に残したことへ敬意を表して
厨二病っぽくそう呼んでいるわけですが…――これに関しては、異論のある方も多いのではないでしょうか。

第一、覇者といっても織田信長は『全国制』を達成していない。


 北は奥羽、南は九州まで日本全土に織田木瓜の家紋、永楽通宝の軍旗を掲げることなく本能寺の業火で灰燼に帰した第六天魔王に、覇者という称号は確かに行き過ぎているかも知れませんが…。


 実は、織田信長はある意味では間違いなく
者なのです。しかも、天下を統一したという紛れもない事実を誇る、鉄板の天下人様です。
( ・(,,ェ)・) いま、赤髭は何を血迷ったんだと思った方、正直に手を挙げて下さい。


 何のひっかけ問題かとお思いの読者様もいらっしゃるかとは思いますが、実を言えば…
今と戦国時代では『天下』という言葉の意味合いが随分違っていたのが原因。


 そもそも、日本全土は国と数えて六十カ国以上。長い日本史を読み解いていっても、武力で隅から隅まで制覇出来た権力者なんて信長以降、豊臣秀吉と徳川家康、その後継者達くらいのものなのです。誰も就いたことがない地位が天下人というのも、妙な話ですよね?


■初めて武家政権を築いた源氏の棟梁、源頼朝はどうよ。
 はい、確かに源頼朝は前年大河の主人公だった平清盛と平家一門を武力で滅亡させ、後白河院や藤原家に替わって日本統治を始めた最初の武家政権、その最高責任者でしたが―――…実を言えば『天下人』かと聞かれれば少し違うことになります。源頼朝は最後の最後まで、京都に君臨する朝廷勢力を完全掌握することが出来なかったからです。


    

 しかも、家来の領土ではない頼朝直轄の支配地となると…本拠地の鎌倉を中心に関東地方にあるばかり、近畿に関しては完全に手付かずです。鎌倉幕府が朝廷の上に立ち、本当の天下人になるには源氏断絶の後を受けて執権政治を始めた北条義時、その子孫達の登場を待たなくてはいけませんでした。

■それじゃあ次に幕府を開いた、足利尊氏なら天下人なのか?
 足利尊氏が室町幕府を開いたのは1338年。鎌倉幕府滅亡後に朝廷貴族至上主義で始まった建武の新政府、後醍醐天皇に弓ひく形でのことでした。

 しかし、だからと言って足利尊氏が頼朝や秀吉、家康のような強権を握る武家の頭領だったのかと言えば、答えはNo。

 彼は公家や皇族ばかり得をする時代錯誤な建武政府に反逆し、自分達に都合の良い政府を作ろうと考えた武士達のシンボル、言わばただの御神輿に等しいような人物です。その性格は喜怒哀楽の波が激しく、自分の意見は強く言わない替わりに誰かを非難することもない、それでいておぼっちゃん気質の気前が良いあんちゃん。


    
 
 
 
 
  

 いみじくも、現代のキングメーカーと揶揄された小沢一郎氏言うところの『御輿は軽くてパーが良い』を地でいくような、連立政権の長でしかありませんでした。その直接支配地や軍事力たるは鎌倉幕府の源氏以下で、気に入らなければ部下達は平気で尊氏に反逆するありさま。


    
  

 実際、尊氏は幕府を開いた後もたびたび旧建武新政府に本拠地である京都を脅かされ、時には遠征中の留守に京都を奪われることすらありました。自分の右腕と左腕が喧嘩を始めるとその仲裁もまともに出来ず、両方とも騙しうち同然に処分するのが精一杯。


 室町幕府の足利政権が『天下人』にふさわしい権威と主導力を得るのは、尊氏の孫にあたる足利義満の代になってからのことです。

 

     

   

 
■そして室町幕府は戦国時代を招来する大内輪揉めを開始、世は闘争の巷に。じゃあ天下人の条件って何なのよ。
 ここでやっと話が戻るわけですが、御覧のように『戦国時代当時』では、過去に全国を武力制覇出来たような強い権力者は誰も輩出されていなかったわけで…――豊臣秀吉や徳川家康といった覇者達をまだ知らない当時の人たちにとって、『天下』とはずいぶんと狭い話になっていたのです。

 ぶっちゃけ、戦国乱世での『天下』とは、帝のおわす京都とその周辺、せいぜい近畿地方西部のこと。今で言う京都府・奈良県・大阪府に兵庫県東部あたりのことだったのです。この『天下』というものへの認識の狭さは当時のキリスト教宣教師たちが、『天下』のことを今の大阪府周辺程度に把握し、記録に残していたことからも明らかなこと。


 また、信長以前の近畿で君臨した阿波徳島の戦国武将・三好
が『天下』…京都府・奈良県・大阪府に兵庫県東部あたりをキッチリ押さえていたこと、信長を横死させて十一日間の戦国覇者だった明智光秀が世間から『三日天下』だったと揶揄されたのも、ふたりが当時でいう『天下』を掌中に収めた、立派な天下人だったことを示すものです。


 そういう意味では、全国制覇を果たせなかった織田信長も立派に『天下人』、天下
布武を達成した戦国の覇者なんです。
( ・(,,ェ)・) だから、みんなも信長公を『覇者』と呼んであげてください。 徳川家康ばっかり天下人って言われるのは癪なんですぶっちゃけ




次回更新は、8/20〜8/22の予定です。乞うご期待!!


戦国時代の知られざる秘話やためになる格言、知識を得たい人は
筆者ホームページ『赤髭亭』へGo!!

■赤

http://akahigetei.weblike.jp/main.html

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

■今後、赤髭の活動拠点はHPにも拡大!!

より一層深い戦国知識と知られざる歴史秘話は
『赤髭亭』
にて御覧いただけます!!



■相互リンク
☆【日本の歴史】もっと戦国時代を知ろう! おもしろすぎる戦いの数々

富田様のサイト。戦国時代における合戦にスポットを当てて紹介されています。

■硬派かつ忠実・重厚な戦国歴史大河を、月額980円/四本で自宅に居ながらレンタル・視聴・返却!!
DVDレンタルはDMMで!!
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
■戦乱の世を生きた姫、激動の生涯。

江(ごう) 姫たちの戦国 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,100から
(2011/2/16 18:34時点)

affiliates


■山本勘助、織田信長ら今人気の戦国武将の人生をPSPで疑似体験!!

太閤立志伝V

新品価格
¥4,118から
(2011/3/9 20:20時点)

■本格派かつ新鮮、新鮮かつ重厚。本格歴史大河!!

NHK大河ドラマ 風林火山 完全版 第壱集 [DVD]

新品価格
¥32,337から
(2011/2/16 17:56時点)



■インターネットビジネスを始めるなら、ホームページアドレスが判りやすい独自ドメインがオススメ!
『お名前.com』へご相談を!!


links

当ブログはリンクフリーです。
相互リンク御希望の方は
コメントをお願いします。



■ペンズオイルの
国内正規取扱店です

グリーンフラッグ


にほんブログ村 歴史ブログへ



ブログランキング・ブログ王


当ブログは『ブログ王』に参加しています。


■本格派歴史大河!!戦国乱世を駆ける隻眼の軍師の活躍!!

NHK大河ドラマ 風林火山 完全版 第弐集 [DVD]

新品価格
¥18,480から
(2011/2/16 17:59時点)



profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM