<< "歴史痛"の看板に偽りなし?戦国トリビアシリーズ【第三十四夜】 | main | "歴史痛"の看板に偽りなし?戦国トリビアシリーズ【第三十六夜】 >>

"歴史痛"の看板に偽りなし?戦国トリビアシリーズ【第三十五夜】

JUGEMテーマ:コラム
  



 戦国与太噺。導入部、となぜ素直に命名出来ない。(画像は斬?スピリッツより)


■五月一日のトリビア

 『石田三成に過ぎたる者』、関ヶ原西軍の軍師
 島左近。実は武田信玄の部下だった過去が
 
     あり、逃げる家康のきっ面を見たことがある。  



■誰が呼んだか""左近、その綽名に負けない万夫不倒の武勇譚。


 『
七十余人の者ども、えいえい声を上げて突き掛かり、手の下に追い崩して残りなくち取られんとの手立てなりき』。
 (;・(,,ェ)・) 七十人ばかりの敵軍が『えい、えい!』と声を上げて突っ込んできた。味方はことごとく追い崩され、残らず討ち取られてしまった。



 関ヶ原合戦も今は昔となってしまった、江戸時代。

 戦国時代も遠くになりにけり、その最終決戦で命を張って戦った筑前黒田家の勇敢な武人達も、みな歳をとり…今となっては天下泰平となった福岡博多の繁栄を眺めながら、猛々しい乱世の思い出にひたるばかりのご隠居様に。

 あの徳川家康にも武勲を褒められた黒田家ならば、年寄り武士の昔語り…花が咲くのはやはり『関ヶ原』のこと。しかし、そんな武勇伝も『ある人物』のことに話が掛かると、その恐怖を脳裏に刻んだ古つわもの達は額に汗を滲ませて皆、絶句します。



 『
今思い出れば、まことに身の毛も立ちても出るなり』。
 (;・(,,ェ)・) あの気魄の篭もった『えい!えい!』だろ? 覚えてるとも、今思い出したって身の毛がよだって汗が出る…。


 『人々、大かた目のたましいはいたるぞに』。
 (;・(,,ェ)・) いやぁ、仕方ないって…あんときはみんな、たまげてそれどころじゃなかったんだから…。


 中には、『あの時のことを夢に見て、今まで何回飛び起きたことか…』とか言い出す古兵まで居る始末。
 関ヶ原の合戦で東軍の先鋒を受け持ち、果敢に戦い福岡五十二万石の礎を築いた男達は、いったい誰のことを話して額に汗していたのかと言えば…


 

 
御存知、ひこにゃんの友達の『しまさこにゃん。』





 …おっと違った、こっちじゃねえ。
(声・森山周一郎)
 ( -(,,ェ)-) 今の若い衆にゃポルコ=ロッソなんざわからんぞ、中の人。



 石田三成が自分の領土半分を俸禄に召抱え、彼が不得意だった兵法・軍事を替わって掌った稀代の猛将にして、世に『三成に過ぎたるもの』と呼ばれた歴戦の名軍師・
(しまさこん 1540?〜1600?)のことです。

 島左近は関ヶ原合戦において兵一千を率いて西軍の先陣となり、開戦直後に黒田
の兵五千四百と激突。ざっと見積もっても五倍以上、しかも父・官兵衛の薫陶を受け、福島正則にも合戦の腕前を賞賛された黒田長政率いる部隊を押し返し、その凄まじい咆哮は大いに黒田隊の士気をくじきました。


 上のお話は『常山紀談』、『古郷物語』など複数の書籍に記録されたエピソードで

関ヶ原合戦で長政のもと戦った黒田家のつわもの達も、後日思い返してみれば島左近の凄まじい猛攻と、その麾下が吼える『えい、えい!』という鯨波(とき)の声に恐怖しか感じず、島左近の姿すら記憶に残っていなかった

というお話です。

 しかし、左近はこの獅子奮迅の死闘の末に黒田隊の鉄炮一斉射撃を受けて負傷。
 そのまま討死したとも戦場を落ち延びたとも言われていますが…何にせよ、天下分け目の合戦で敵軍総帥・石田三成が頼りにする軍師を最初にしとめたことは、長く黒田家にとって誇りとなる武勲となりました。

 ( ・(,,ェ)・) …ちなみに黒田家の関係者が後日、西軍だった島津家に確認をとったところ『左近は真っ赤な鎧にクワガタムシみたいな兜かぶって、ライトグリーンの陣羽織着てた。』という回答をもらったそうです。こんなド派手な格好をするとは、さすがに島左近。傾くねェ。



 さて、そんな『鬼神をも欺く』と評され"
左近"とも綽名された彼ですが、その性格もまた鬼に相応しい豪放磊落。



 理想家で政治判断を多く含む官僚思考の三成とは違い、現実的で妥当だと判断できれば、手段を選ばずすっぱりと口に出す兵法家…また、そうすることが出来る自信家だったようです。











■あるとき、主君である石田三成が殷賑を極める豊臣政権のお膝元・大坂の街の繁栄振りを誇り左近に語りかけたことがあったのですが、左近の反応は鈍。

 いったいどうしたのだ、と三成が問いただすと、

『何を仰せられる。
 …殿には賑やかな街の中心部だけが見えて、片隅にある粗末な小屋で暮らす庶民の貧乏が見えていないようですな。』


 とピシャリ。




■また、その大坂の街に栄華をもたらした太閤秀吉が逝去し、徳川家康が次の天下を狙って蠢動を始めれば思い悩む三成を前に、



豊臣家の天下を守りたいなら、家康を
するよりほか手立てはござらん。あの小太りの白髪頭ひとつで、流れは一変しますぞ。

 と涼しい顔で言ってのけました。さすがは叩き上げの戦国武将、言うことが違います。


■『そんな卑怯なまねは出来ない』と三成が臆して二の足を踏めば、これまたすかさず


なら、ちったぁ他の武将と仲良くして藩閥を広げて下され。

 ぶっちゃけ、殿は諸将に嫌われ過ぎです。
 武士の上に立つ者は、軍事力を誇って城を築くことより、徳と礼儀をわきまえて人望を得ることのほうがよっぽど大事でござる!


 とさらに剛速球。軽く二十歳は年上だったと思われる島左近の諫言には、さしもの頭脳明晰な官僚肌もヘソを曲げたことでしょう。




 しかし…織田信長も豊臣秀吉も亡きあとの戦国乱世にあって、徳川家康と言えば文字通りの最右翼。
 関東二百五十万石という途方もない領土と命知らずの三河武士を家来に持つ、財力・武力ともに当代No.1の実力者なのですが…左近はなぜ、ここまで強気に向うを張ることが出来たのでしょう?


 実は島左近、徳川家康が戦場で圧倒的な敗北を喫し、命からがら逃げ惑う後ろ姿を"追う側"として過去に見たことがあるからです。



 この話は、彼が関ヶ原合戦前夜の軍議で『明日の一戦、味方の勝利は間違い無し!!』と自信満々に高言した後、

左近も久々にて府の押付けを見申すに此れ有るべし
 と言ってのけた話として、『天元実記』という書籍に残されているエピソードから。


 "内府"というのは当時の内大臣、皆さん御存知・徳川家康のこと。
 "押付け"というのは当時の戦国武将が身に纏った鎧、当世具足の背中の部分のことなので、つまり左近は『前にも家康が逃げる後姿を見たことがあるから、今回もその醜態を拝ませてやろう』と言ってるわけです。



 この発言を耳にして、聞き逃せなかった人が若干一名。

左近同様に『』と怖れられた薩摩島津家の驍将・島津
です。
( ・(,,ェ)・) 漫画単行本としては近年ありえない販売数で話題になった平野耕太の漫画『DRIFTERS』の主人公です。言わずもがなですねハイ。



 『好い加減なことを言うな、いつ見たんだ!!』と詰め寄る若き薩摩隼人の激昂を見て、左近は長年連れ添った百戦錬磨の部下達と余裕綽綽。




我らは若年の頃、法性院殿…かの田信玄の麾下にあり、山県昌景の下で働いたことがあった。

 赤備えの一員として家康めを猛追撃し、掛川城まで押し込んだことがあるのでな。


 

 武勲赫々たる""左近の面目躍如、明日の天下分け目は勝利間違いなしと確信する老軍師の得意げな顔が眼に浮かぶような歴史秘話です。


戦国時代の知られざる秘話やためになる格言、知識を得たい人は
筆者ホームページ『赤髭亭』へGo!!

■赤

http://akahigetei.weblike.jp/main.html



 ( ・(,,ェ)・) ちなみに、左近の武勲自慢を聞いた我らが島津豊久は

『それは"杓子定規"というものだ。左近翁が過去に張り倒した家康と、今の家康が同じ実力であるとは限るまいに!!』

と果敢に言い返したそうです。

 きっと左近は西軍の士気を昂揚させるためのハッパとして言い放ったのでしょうが、そこは根が朴訥で槍働きにかけては譲れない一線を誇る薩摩隼人、言い返さずにはいられなかったんでしょうね。




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

■今後、赤髭の活動拠点はHPにも拡大!!

より一層深い戦国知識と知られざる歴史秘話は
『赤髭亭』
にて御覧いただけます!!



■相互リンク
☆【日本の歴史】もっと戦国時代を知ろう! おもしろすぎる戦いの数々

富田様のサイト。戦国時代における合戦にスポットを当てて紹介されています。

■硬派かつ忠実・重厚な戦国歴史大河を、月額980円/四本で自宅に居ながらレンタル・視聴・返却!!
DVDレンタルはDMMで!!
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
■戦乱の世を生きた姫、激動の生涯。

江(ごう) 姫たちの戦国 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,100から
(2011/2/16 18:34時点)

affiliates


■山本勘助、織田信長ら今人気の戦国武将の人生をPSPで疑似体験!!

太閤立志伝V

新品価格
¥4,118から
(2011/3/9 20:20時点)

■本格派かつ新鮮、新鮮かつ重厚。本格歴史大河!!

NHK大河ドラマ 風林火山 完全版 第壱集 [DVD]

新品価格
¥32,337から
(2011/2/16 17:56時点)



■インターネットビジネスを始めるなら、ホームページアドレスが判りやすい独自ドメインがオススメ!
『お名前.com』へご相談を!!


links

当ブログはリンクフリーです。
相互リンク御希望の方は
コメントをお願いします。



■ペンズオイルの
国内正規取扱店です

グリーンフラッグ


にほんブログ村 歴史ブログへ



ブログランキング・ブログ王


当ブログは『ブログ王』に参加しています。


■本格派歴史大河!!戦国乱世を駆ける隻眼の軍師の活躍!!

NHK大河ドラマ 風林火山 完全版 第弐集 [DVD]

新品価格
¥18,480から
(2011/2/16 17:59時点)



profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM