<< "歴史痛"の看板に偽りなし?戦国トリビアシリーズ【第二十一夜】 | main | "歴史痛"の看板に偽りなし?戦国トリビアシリーズ【第二十三夜】 >>

"歴史痛"の看板に偽りなし?戦国トリビアシリーズ【第二十二夜】

JUGEMテーマ:コラム


 

戦国与太噺。導入部、となぜ素直に命名出来ない。(画像は斬?スピリッツより)


■五月二十二日のトリビア

 『難波の太様』豊臣秀吉。尾張中村の百姓から
 天下人まで出世した稀代の英雄であるが、勉強は嫌い
       だったらしく、難しい漢字は書くことが出来なかった。  



■頓知諧謔を知る陽気な天下人・豊臣秀吉のおちゃめな一面。

 豊臣秀吉が位人臣を極め、天皇の政治顧問である『関白』まで成り上がったのは1586年(天正十四年)、主君の織田信長がこの世を去って僅か四年後の出来事
 このわずかな期間に、秀吉は織田信長の最高官位だった右大臣を飛び越し、これまで皇族か藤原氏以外には与えられた例が無い『関白』の位と、人臣としての最高官職である太政大臣を拝命しました。

 
 この四年間での急激な速度での大出世には有職故実に通じた公家や藤原家も眉をひそめるほどで、元が卑賤な身だった秀吉の飽くなき上昇志向ともともと人一倍だった自今顕示欲、そして『自分が天下人たるに相応しい官職と、大名分が欲しい』という野望が底を知らなかったことを伺わせるのですが…。



 仕方ないっちゃあ仕方が無いかも知れませんが、秀吉は昇殿出来る上位貴族としての教養や朝廷の礼儀作法まで完璧にマスター出来なかったようです。

 いや、それ以前に。


 戦国武将としては超一流と言ってもよい、稀有な器量を備えた秀吉でしたが、矢張り子供時代に英才教育を受けられなかったせいか、あまり文字や漢字を上手に書くことが出来なかったようなのです。


 ある日のこと、秀吉の右筆ゆうひつ。主君の替わりに命令文書を書いて発給したり、送られてきた手紙などを受給し管理する職業。早い話が今でいうところの『書』。が手紙を書いていたところ、ふと『醍醐寺』(だいごじ)の"醍醐"という文字を度忘れしてしまいました。

 なにせ、百年続いた戦国乱世に幕を引き、今や本朝に比肩なき英雄となった豊臣秀吉の発する文書なのですから、下手なかなや漢字の書き間違いは許されません。

 どうしたものか、誰かに聞こうか…右筆が悩んでいたところ、ちょうど豊臣秀吉張本人がそこに登場。


 秀吉は書きかけの書面を読んでピンと来たのでしょう、眉をひそめて悩んでいる右筆の机に、指でこう書いたのです。


 『 大 (だいご)


 …唖然とする右筆の顔、そこに追い討ちをかけたのは他の誰でもない太閤殿下でした。

 『何だお前、醍醐寺のダイゴの書き方も知らなかったのか?こうやって書けば良いんだよ。』

( ・(,,ェ)・)。oO ( 念の為にフォローしておくと、これは秀吉の認ではなく照れ隠しです。当の本人にも醍醐寺なんて難しい字は判らなかったのですが、太閤殿下がそれを知らないとは口が裂けても言えないわけで…適当に誤魔化したジョークでその場を和ませようとしたんですね。 )



 豊臣秀吉直筆とされる手紙は現代にも数多く残されていますが、よほど漢字が苦手だったのか難しい字には適当な当て字を書いたり、男らしく誤字ったまま押し通してしまっている箇所が幾つも見受けられます。人間関係や他人の心の機微を読むことには優れていても、漢字を読むのはどうやら苦手だったようです。


 偉くなれば手紙を自分で書くことも少なくなり、天下人ともなればわざわざ学習しなおさなくても石田三成ら優秀な官僚があり、豊臣政権はうまく回っていくし、別に天下人が漢字に詳しくなきゃいけない理由も無い。

 漢字が書けなきゃ書ける奴を雇えば良い、そんな秀吉の照れくさそうな顔が思い浮かぶようなエピソードです。
 




さらに戦国時代の知られざる秘話やためになる格言、知識を得たい人は
筆者ホームページ『赤髭亭』へGo!!

■赤

http://akahigetei.extrem.ne.jp/main.html



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

■今後、赤髭の活動拠点はHPにも拡大!!

より一層深い戦国知識と知られざる歴史秘話は
『赤髭亭』
にて御覧いただけます!!



■相互リンク
☆【日本の歴史】もっと戦国時代を知ろう! おもしろすぎる戦いの数々

富田様のサイト。戦国時代における合戦にスポットを当てて紹介されています。

■硬派かつ忠実・重厚な戦国歴史大河を、月額980円/四本で自宅に居ながらレンタル・視聴・返却!!
DVDレンタルはDMMで!!
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
■戦乱の世を生きた姫、激動の生涯。

江(ごう) 姫たちの戦国 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,100から
(2011/2/16 18:34時点)

affiliates


■山本勘助、織田信長ら今人気の戦国武将の人生をPSPで疑似体験!!

太閤立志伝V

新品価格
¥4,118から
(2011/3/9 20:20時点)

■本格派かつ新鮮、新鮮かつ重厚。本格歴史大河!!

NHK大河ドラマ 風林火山 完全版 第壱集 [DVD]

新品価格
¥32,337から
(2011/2/16 17:56時点)



■インターネットビジネスを始めるなら、ホームページアドレスが判りやすい独自ドメインがオススメ!
『お名前.com』へご相談を!!


links

当ブログはリンクフリーです。
相互リンク御希望の方は
コメントをお願いします。



■ペンズオイルの
国内正規取扱店です

グリーンフラッグ


にほんブログ村 歴史ブログへ



ブログランキング・ブログ王


当ブログは『ブログ王』に参加しています。


■本格派歴史大河!!戦国乱世を駆ける隻眼の軍師の活躍!!

NHK大河ドラマ 風林火山 完全版 第弐集 [DVD]

新品価格
¥18,480から
(2011/2/16 17:59時点)



profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM