<< "歴史痛"の看板に偽りなし?戦国トリビアシリーズ【第三夜】 | main | "歴史痛"の看板に偽りなし?戦国トリビアシリーズ【第五夜】 >>

"歴史痛"の看板に偽りなし?戦国トリビアシリーズ【第四夜】

JUGEMテーマ:コラム


戦国与太噺。導入部、となぜ素直に命名出来ない。(画像は斬?スピリッツより)


■五月四日のトリビア

  織田信長が施行した画期的な商業振興政策である
  『楽市楽座』令、実は信長の発案ではなく、
       二番どころか番煎じのものだった。

 

■自由な商業と免税、そして既得権益を持つ旧勢力を打破した楽市

 『楽市楽座』と言えば、日本中世史上きっての革命的風雲児である"戦国の覇者"織田信長が考案し施策したとされる、歴史の教科書でもお馴染みの商業振興政策です。


 戦国時代は"生き馬の目を抜く"などと比喩されるように、とかく何事にも無法や無秩序が横行し、戦国武将や足軽が合戦のたびに暴れ散らし、略奪などによって日本全土が荒廃していた状態…唄の歌詞が如く『此処はーまさに世紀末♪』(By Tomcat)な時代であった―――…。

 とおもわれがちですが、それはあくまで地方の農村部や山間部といった辺鄙(へんぴ)かつ痩せた地域でのお話。


 近畿地方や実力者の本拠地…モノやカネの流通が円滑に出来ており、なおかつある程度の治安が保障される領域…強力な守護・戦国大名や寺社勢力によって統治されていた都市部では、いわゆる『商業組合』による特別な権益や縄張りが土地土地の権力者によって承認され、強い影響力を持っていました。

 この、今風に言えば『商人ギルド』…特定の地域における商品の物流や売買を独占していた組織のことを『(ざ)、もしくは『株仲間(かぶなかま)と呼びます。

 これら『座』に所属していない商売人はいわゆる"モグリ"とみなされ、自由な商いが出来ないシステムになっていました。
 勝手にことわりもなく商いなんかしようとすれば、それこそ『仁義なき戦い』に出てくる様な怖いお兄さんが『おぅ、誰にってこん場所で商売やっとるんじゃ、おぉ?!』と威嚇してくるような…――

 どころじゃありません。ヘタをすれば商品と銭は没収、殺されても文句は言えない時代でした。そこらへんは戦国時代ですから仕方がありませんが…。



 この『商人ギルド』の縄張り意識や仲間内だけの流通独占が商業の発展にとって邪魔であると判断したのが、いちはやく京都や堺といった一大商業都市を領地下に治めた織田信長です。

 もともと信長の本拠地・尾張国には津島湊(つしまみなと)と呼ばれる、関東・東海地区と南海・瀬戸内地区をつなぐ流通の中継地点たる貿易都市があり、父・織田信秀の代から織田弾正忠家はその恩恵を受けていました。


 無論、そんな商業振興政策に幼少時から馴れ親しんできた信長がその重要性に気づかないはずはありません。

 1568年(元亀元年)、長らく流浪の人となっていた足利義昭を奉じて上洛を達成した信長は、神輿であった義昭を室町幕府第十五代将軍に推戴。

 『ぜひ管領か、副将軍になって欲しい!!』

 と感謝感激雨霰だった義昭からの申し出にも「自分には冥利過分」と慇懃に断り、替わりに琵琶湖畔での商業流通の拠点である大津と、堺の町に代官を置く(=直轄地にする)ことを望んでいます。



 そして、そんな信長が満を持して実施したのが『楽市楽座』令。

 これまで商人ギルドによる商品流通独占やめかじめ料じみたテラ銭徴収による中間マージン搾取を全否定し、岐阜城の城下町である井ノ口の町では自由な商品売買や課税ゼロパーセントでの市場開催を保障・許可したことは、それまでの封鎖的できゅうくつだった商業発展を大いに後押しするきっかけになりました。


 後に信長のあとを継いで天下人になった豊臣秀吉に至っては、ほぼ完璧に『座』による障害を撤廃。

 関白秀吉のお膝元であった大坂の町は殷賑を極め、江戸幕府による新時代の到来以降も『天下の台所』として江戸をしのぐ一大商業都市へと華麗なる成長を遂げたのですが…。



 …――実はこの『楽市楽座』令、別に信長が嚆矢であり、また彼の売特許というわけではありません。

 最初にこの画期的な政策を実行に移したのは、近江国(現滋賀県)南半国の守護職であり、織田信長の上洛時に最初の敵として立ちはだかり、そしてあっけなく御家滅亡の憂き目をみた戦国大名・六角(ろっかくよしかた)です。



 斎藤龍興と並んで、織田信長の天下布武の覇道に蹴散らされた弱小勢力な戦国武将と思われがちな六角義賢ですが、1549年(天文十八年)…まだ織田信長が織田家の家督を継承も出来ておらず『尾張のうつけ』と呼ばれていた頃には既に、彼は六角家の居城・観音寺城(かんのんじじょう)の城下町である石寺(いしでら)町に『楽売楽買』、つまり楽市楽座令の青写真ともいうべき施策を発令しています。


 そして、この楽売楽買政策によって観音寺城とその城下町が急速に潤っていくのを目の当たりにし、『これは後に続いて我が領土でも!!』と二番煎じに楽市楽座令を発布したのが、意外なことにあの今川(いまがわうじざね)でした。

 父・今川義元が築いた最盛期の駿河今川家をあっさり滅亡させてしまった惰弱な手腕と、某社の戦国SLGのおかげですっかり『駄目な戦国大名』の代名詞になってしまった感のある今川氏真ですが、実際にはこうした商業振興政策や外交に関しては抜け目がなく、彼が行った施策や外交戦略はどれも理にかなった有益なものでした。

 氏真が富士浅間神社のお膝元である富士大宮市に発布した楽市楽座令は、織田信長が岐阜井ノ口の町にそれを敷くよりも早い時期に執り行われています。



 革命的思考と常識外れの発想で戦国時代に幕を引いた、そんな印象が強い『第六天魔王』こと織田信長ですが…――割かし、その業績や足跡には英雄譚の主人公よろしく粉飾された部分が多々あったりするのです。

 実際、比叡山延暦寺焼き討ちやお城の天守閣建築、一国一城令や楽市楽座…そして火縄銃の三段活用(三段撃ちにあらず)といった『織田信長ならでは』な戦略や政策は、その殆どが他の誰かの二番煎じ…というかその有効性に着眼し、いちはやく改良・模倣したものです。


 楽市楽座による輝かしい功績を半ば横取りされた形になった六角義賢と今川氏真、この『常識』をいったいどんな思いで眺めているんでしょうね…。  

(・(ェ,,)・ )。oO ( やっぱり、世の中は"最初に井戸を掘った人"より、"その井戸にポンプをつけて利便性よくした人"のが賞賛されるもんなんですかねえ…。 )


 


 

■さらに戦国時代の知られざる秘話やためになる格言、知識を得たい人は
筆者ホームページ『赤髭亭』へGo!!

■赤

http://akahigetei.extrem.ne.jp/main.html



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

■今後、赤髭の活動拠点はHPにも拡大!!

より一層深い戦国知識と知られざる歴史秘話は
『赤髭亭』
にて御覧いただけます!!



■相互リンク
☆【日本の歴史】もっと戦国時代を知ろう! おもしろすぎる戦いの数々

富田様のサイト。戦国時代における合戦にスポットを当てて紹介されています。

■硬派かつ忠実・重厚な戦国歴史大河を、月額980円/四本で自宅に居ながらレンタル・視聴・返却!!
DVDレンタルはDMMで!!
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
■戦乱の世を生きた姫、激動の生涯。

江(ごう) 姫たちの戦国 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,100から
(2011/2/16 18:34時点)

affiliates


■山本勘助、織田信長ら今人気の戦国武将の人生をPSPで疑似体験!!

太閤立志伝V

新品価格
¥4,118から
(2011/3/9 20:20時点)

■本格派かつ新鮮、新鮮かつ重厚。本格歴史大河!!

NHK大河ドラマ 風林火山 完全版 第壱集 [DVD]

新品価格
¥32,337から
(2011/2/16 17:56時点)



■インターネットビジネスを始めるなら、ホームページアドレスが判りやすい独自ドメインがオススメ!
『お名前.com』へご相談を!!


links

当ブログはリンクフリーです。
相互リンク御希望の方は
コメントをお願いします。



■ペンズオイルの
国内正規取扱店です

グリーンフラッグ


にほんブログ村 歴史ブログへ



ブログランキング・ブログ王


当ブログは『ブログ王』に参加しています。


■本格派歴史大河!!戦国乱世を駆ける隻眼の軍師の活躍!!

NHK大河ドラマ 風林火山 完全版 第弐集 [DVD]

新品価格
¥18,480から
(2011/2/16 17:59時点)



profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM