<< "歴史痛"の看板に偽りなし?戦国トリビアシリーズ【第一夜】 | main | "歴史痛"の看板に偽りなし?戦国トリビアシリーズ【第三夜】 >>

"歴史痛"の看板に偽りなし?戦国トリビアシリーズ【第二夜】

JUGEMテーマ:コラム
 


戦国与太噺。導入部、となぜ素直に命名出来ない。(画像は斬?スピリッツより)


■五月二日のトリビア

  "天下分け目の一代決戦"・関ヶ原の戦いが
  繰り広げられた関ヶ原は、ちょうど関東と関西の
       間地点、境界線にあたる場所だった。

 

■『関東』と『関西』。

 今では前者が東京都を中心とする関東地方、後者が大阪府や京都府を中心とする近畿地方を指す言葉として一般知識化していますが、戦国時代当時の"関東"とは『律令(りつりょうさんげん)と呼ばれた、三箇所の関所より東にある地方を指す言葉でした。

 その三っつの関所とは、伊勢国(現三重県)鈴鹿にあった『鈴鹿関(すずかのせき)と、越前国(現福井県東部)にあった『愛発関(あらちのせき)、そして美濃国(現岐阜県南部)の『不破関(ふわのせき)


 関ヶ原の"関"とは、この不破関のことです。

 この三箇所の関が定められたのは戦国時代よりまだ八百年近く前になる奈良時代のことで、これらの関所より東が"関東"…つまり奈良にあった朝廷から見れば遠く離れた人跡未踏な異界の地、という意味合いがありました。

 天皇やその右腕である摂政・関白といった上位貴族が亡くなったり、大きな政変がおきるたび、東国で叛逆が起こることを恐れた朝廷はこの三関所を封鎖し、軍勢を差し向けて誰も通れないように守護していたとされています。


 西軍の総帥・石田三成と東軍の棟梁・徳川家康が対峙した安土桃山時代の末期には既にこの三関所はその機能が形骸化しており、役目を果たすことはありませんでしたが、奈良時代には上位貴族や皇族にとってこの関所より東はさながら『異民族が住む野蛮で危険な領域』とされており、その彼らを屈服させるためにたびたび軍勢を差し向けていました。


 その軍勢の総大将が『大将軍』です。

 後に武家の総領として鎌倉・室町、そして江戸の三幕府で最高権力者となるこの職務ですが、元々はこの律令三関より東の異郷にある土地を征服する軍勢の総司令官だったのです。


 ""とは敵対し抗うものを攻撃して捻じ伏せること、"”とは『えびす』、つまり『都からみて東の地方に住む蛮族』のこと。


 そして、彼らを討ち果たし見事その土地を占領した征夷大将軍は新たに朝廷の領土となった東国を円滑に統治するため、臨時政府を作ること…そしてその最高責任者に就任することが出来ました。


 なぜこんなことが出来るのかと言えば…よくよく考えれば判ることですが、当時は平成現代のような高速道路や新幹線、そして電話やインターネットなどという便利な交通・通信手段がある時代とは違う大昔のことだからです。

 占領地の統治についていちいち奈良や京の都に住む天皇や上位貴族に御意見を伺っていては、レスポンスが悪過ぎて何ごともやりにくくって仕方がありません。

 戦火からの復興が進み、治安や税制・民政が整うころには朝廷がその土地の支配者として藤原家や源氏・平氏出身の貴族を長官として派遣することになるのですが、それまでは軍部が占領地の政治を委託される格好となります。



 この『征夷大将軍が臨時に設置した政府』のことを『幕(軍幕、転じて軍陣のこと)の中の政府』…(ばくふ)と呼びました。


 つまり、源頼朝から始まり足利尊氏、そして徳川家康が将軍となって開いた武家政権はこの『征夷大将軍は征服した東国に、朝廷から半独立状態にある臨時府をつくることができる』というシステムを拡大解釈して出来た、ちょっとこじつけに近い政府だったのです。


 そして、この関ヶ原の合戦で石田三成を率いる西軍を撃破した徳川家康は関東地方に二百五十余万石という途方もない"占領地"を持っている歴とした軍人であり、朝廷においては内大臣(ないだいじん。天皇の家来としては事実上のNo.3)という、高位の貴族。


 かくして家康は時の帝より『征夷大将軍』の任官を拝命。

 関ヶ原の合戦で主な閣僚を失った豊臣家に替わって天下を治める、天皇お墨付きの『臨時政府』として実に二百五十年間も日本に君臨することになるのです。


 

■さらに戦国時代の知られざる秘話やためになる格言、知識を得たい人は
筆者ホームページ『赤髭亭』へGo!!

■赤

http://akahigetei.extrem.ne.jp/main.html



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

■今後、赤髭の活動拠点はHPにも拡大!!

より一層深い戦国知識と知られざる歴史秘話は
『赤髭亭』
にて御覧いただけます!!



■相互リンク
☆【日本の歴史】もっと戦国時代を知ろう! おもしろすぎる戦いの数々

富田様のサイト。戦国時代における合戦にスポットを当てて紹介されています。

■硬派かつ忠実・重厚な戦国歴史大河を、月額980円/四本で自宅に居ながらレンタル・視聴・返却!!
DVDレンタルはDMMで!!
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
■戦乱の世を生きた姫、激動の生涯。

江(ごう) 姫たちの戦国 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,100から
(2011/2/16 18:34時点)

affiliates


■山本勘助、織田信長ら今人気の戦国武将の人生をPSPで疑似体験!!

太閤立志伝V

新品価格
¥4,118から
(2011/3/9 20:20時点)

■本格派かつ新鮮、新鮮かつ重厚。本格歴史大河!!

NHK大河ドラマ 風林火山 完全版 第壱集 [DVD]

新品価格
¥32,337から
(2011/2/16 17:56時点)



■インターネットビジネスを始めるなら、ホームページアドレスが判りやすい独自ドメインがオススメ!
『お名前.com』へご相談を!!


links

当ブログはリンクフリーです。
相互リンク御希望の方は
コメントをお願いします。



■ペンズオイルの
国内正規取扱店です

グリーンフラッグ


にほんブログ村 歴史ブログへ



ブログランキング・ブログ王


当ブログは『ブログ王』に参加しています。


■本格派歴史大河!!戦国乱世を駆ける隻眼の軍師の活躍!!

NHK大河ドラマ 風林火山 完全版 第弐集 [DVD]

新品価格
¥18,480から
(2011/2/16 17:59時点)



profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM