<< 大河『江』 第十一回 猿の人質 感想 | main | 大河『江』第十三回 花嫁の決意 感想 >>

解読!!戦国歴史事件。【第二回】 お市の方・絶世の美女疑惑。

JUGEMテーマ:コラム
 
 戦国時代に起きた様々な合戦や事件、疑惑や謎について、"歴史痛"(れきしつう)こと赤髭が独自の切り口でそれを分析する『解読!!戦国歴史事件。』

 最近の戦国時代ブーム、戦国武将Fanにとって常識となってしまった歴史知識や事件、通俗などについて歴史"通"ではなく歴史"痛"が付け焼刃にわか仕込みに検証。

 その結論を、ちょっと社会常識がないかわりに戦国歴史に詳しいおばかさんが十分に噛み砕いた上でヨタ話。例によって、多少事実と違う点もあるでしょうがそこは肩の力を抜いて戴いて…気楽な気分でお楽しみいただければ、幸いに思います。


 今宵第二回のお題は、今いろんな意味で評判の大河ドラマ『』でも登場し、芯の強い美貌の姫を鈴木保奈美さんが熱演した『お市の方』。

 先日、惜しまれながらも物語の表舞台からは去って行きましたが…戦国を生きた姫君でも特に『絶世の美女』とされた彼女の魅力に迫ります。



 浅井長政、柴田勝家、羽柴秀吉…そして一説には、実兄であるはずの織田信長にまで愛されたという美貌の御姫様、いったい彼女はなぜそれほどに美しい容貌を今の世に伝えられているのか。


そこには、通説や歴史常識に隠された秘密があったのです。( ;・`ω・´)< キリッ!!


 それでは、ご一緒して頂ける皆様のお時間を少々拝借。
今年の大河『江』の路線では絶対語ってくれそうにない、歴史と浪漫のピースが複雑にからまったパズルをお楽しみ下さいませ。



■絶世の美姫、何人もの戦国武将に愛されたお市の方の実像について。
 さて、ここでいきなりぶっちゃけるんですが…まずは、今の世に残されている『お市の方』の肖像画を御覧頂きましょう。戦国歴史Fanな紳士淑女の皆さまであれば、一度は目にしたこともあるでしょう有名な絵なのですが…。



 …――何、そんなに惚れ惚れするような美女でもない?

( ・(,,ェ)・)はい、ごもっとも。


 まぁ、お市の方様の名誉の為にも言っておけば…この当時の肖像画というのは、まず間違いなく『ご本人様を目の前にして描いたものではない』ということを説明しておかなければなりません。

 当時の肖像画というのは本人に会ったことがある者からの証言や、伝聞で得た顔や目鼻立ちを参考に、想像しながら描くものなんです。さらに、当のご本人が亡くなった後に描く場合や死後何年も経ってから描くパターンもあり、そうなってくると殆ど御本人に似ているかいないかは問題に出来なくなってきます。
 
 上の有名な肖像画も、実はお市の方の長女である茶々が、母親の七回忌を迎えた1590年(天正十九年)、彼女の菩提を弔うために描かせたもの。



 早い話、似てるか似てないかは当時この絵師にお市の人となりを教えた情報にかかっているわけです。
 
 
■戦国美人は何が基準なのか?
 なんど肖像画を見直してみても能面かおたふくにしか見えない『お市の方。』

 しかし待ってください。今の世はともかくにして、当時はどういう女性が”美しい”と判断されたのでしょう。

 大和撫子という言葉が死語、そういう人種が絶滅危惧種になってしまった平成日本のこと。今を四百五十年以上もさかのぼれば、美人の判断基準も大きく変わってくるのではないでしょうか?( ・(,,ェ)・)


 そこで、戦国時代当時の女性の美貌や美的観念を順番に御説明していきたいと思います。


まずは女性の命、髪については?
女性の美貌の象徴、美しく光輝く髪に惚れ惚れとした経験のある男性陣は多いかと思われますが…戦国時代当時、成人女性の髪を美しいと判断する基準は『』と『長さ』にありました。


 ずばり、髪の色が黒ければ黒いほど良いとされていました。
 今ではテレビや雑誌に映るモデルさんや俳優さんでは純粋に髪が真っ黒、という人もなかなか居ないように感じますが、当時は赤茶けたり褪せた色の髪は受け入れられなかったようです。

 長さについても、長ければ長いほど美しいとされ…戦国時代の御姫様の肖像画をみると、みんな背中どころか踵にかかるほど長い女性ばかり。女の命、と言われたように、当時は長く艶のある髪こそ価値があると考えられてたようです。






■明智光秀がまだ出世前のこと、『汁講(しるこう。戦国武士が、順番制度で同僚を持てなすための酒宴を主催する習慣)のためのお金がない、けど開催しないわけにもいかないと困っていたとき…妻の煕子が『大丈夫、殿はお気兼ねなく御同輩を我が家にお招き下さい。』と胸を叩く。 言われるまま、金のないまま汁講を始めた光秀でしたが…冷や汗もので同僚を呼んでみたら、びっくりするほど豪勢な食事と酒の膳を妻が運んでくる。

 光秀が『お前、どうやってあんな料理を出したんだ?』と妻に聞いたところ、頭の手ぬぐいを外した妻の笑顔からは、長く美しかった髪がばっさりと切られていました。煕子いわく『売ってお金にしました。』と涼しい顔。

 この行動に感動した明智光秀、『おまいを近いうち、必ず御輿に乗れるような身分にしてみせる!!』と宣誓した…という美談が残っていますが、黒くて長い髪はそれだけ価値があったということなんでしょうね。


“毛は?
 これも、今の感覚とは大きく異なります。まず、自前の眉は剃る。これは今の女性でもたまにしますが…問題は描く眉毛の形。

 まず、桃眉(ももまゆ)と呼ばれる御公家の姫君みたいな横楕円形の眉を描いたら、これの下端をすぅーっとぼかします。この、淡くぼかすのが当時の最先端流行。最近では特定層の趣味になってしまった太い眉は卑しい女性の象徴のように思われ、あまり受け入れられなかったようです。

¬椶蓮
 これも現代とは大きく違って、切れ長い一重まぶたが美しいと考えられていたようです。二重でぱっちりした大きな瞳がかわいいとされる今の風潮とは、びっくりするほど正反対です。

口と歯は?
 唇は肉厚で、口自体は小さいこと…つまり、おちょぼ口というのが美しいとされていたようです。この口もとの美的感覚は戦国時代はおろか奈良・飛鳥時代から不動の鉄板でした。大きな口の女性というのはやはり卑しいと考えられていたようです。男は、口が大きいと自慢になったみたいなんですけどね…。
 
 あと、歯については『お歯黒を塗ること』がステイタス。

 江戸時代以降は既婚女性の象徴のように思われたおはぐろでしたが、実は古来、女性の歯は『まるで黒漆を塗ったかのようなツヤのある黒い歯』こそ美の象徴とされていました。

 戦国時代では、生まれが高貴であれば七歳くらいの頃にはもう、口の中はお歯黒でまっくろだったようです。

 こうすることで口元がやんわりとした雰囲気になり(そうでしょうか?)、また虫歯や歯の欠落を防ぐことも出来ると考えられていました。
 
芸能人は歯が命!!』とかいう、歯を白くするためならエナメル質すら削り落とすという歯磨きの宣伝もありましたが、白く輝く歯は戦国時代にはやはり、身分が低くお歯黒を塗ることができない女性の象徴だと思われていたようです。


ご蕕里たち、肌の色は?
 今では顔が小さくて顎や頬の輪郭がすっきりとしているのが美貌の条件ですが、これも戦国時代は違いました。

 ふっくらとしていながらも下ぶくれの域には達しない、俗に言う『うりざね顔』というのが美しいと考えられていたようです。

 頬骨や顎の骨のあるのが判るようでは、肉づきがよくない萎びた顔だと判断されたらしく。
 この美的感覚も古来から日本人から受け継がれてきたもので、それを踏まえて平安時代の屏風絵や奈良時代の壁画などを見てみると…なるほど、みなさん揃いもそろって頬がふっくらとしたタイプの顔です。

 肌については、これは京都の舞妓さんなどを見ればなんとなくわかりますが、白く艶のあるものが上質だったようです。戦国時代の女性もおしろいによる化粧は欠かさなかったようですが、この時代のおしろいは白い色合いを出すために水銀と鉛が含まれており、粗悪な質のものは毒性も強かったため、多くの女性が水銀や鉛中毒で体調を悪くしたようです。

 戦国武将の奥方が使うような上品質のものはきちんと精製をするため、そんなことにはならなかった模様ですが…鈴木その子女史が亡くなって久しい平成現代、白い肌に固執する女性も少なくなってしまったのではないでしょうか。( ・(,,ェ)・)
 

 
■戦国武将が愛した大和撫子たち。
 以上のように『戦国美女』の条件をよく踏まえた上で、もう一度さきほどの『お市の方』の肖像画を見てみると…



 おわかり頂けたでしょうか。

 当時の女性の美貌とされる特徴がほぼ全部に渡って揃っていることが判ります。

 これに加え、身長約170僉津時の感覚ではじゅうぶん『大男』の部類に入る織田信長を兄に持ったせいか、お市の方のスタイルは八頭身近いスラリとしたルックスだったとされますから…それに加えて黒い長髪・切れ長一重まぶた・おちょぼ口、うりざね顔という美的観念をすべて取り揃えた彼女はまさしく、まれにみる『絶世の美女』だったのでしょう。
  
 織田信長・豊臣秀吉といった戦国武将たちの多くもこういった美的観念の上で正室や側室を娶っていたと考えられます。特に上記のような『日本美人』に熱を上げたとされている武将が、武田信玄と豊臣秀吉。

  信玄はとくに面食いだったらしく正室の三条夫人は洗練された京美人、大河『風林火山』でも登場した由布姫こと諏訪御寮人も透明感のある黒髪の美少女、他の側室たちも人が羨むような美女揃い、秀吉も身分の高い上流階級出身の日本美女を大坂城で三百人も囲っていたとか。
  
  若いころの徳川家康は『後家殺し』、既に出産経験のある女性を選んで側室にしていました。

  これは、『既に子供を産んだことがある女性はそれだけ強い子宮を持っている』とされ、丈夫な後継ぎを生んでくれるに違いないという当時の考え方から。
  
  戦国の覇者・織田信長は苛烈で酷薄だった性格とは裏腹に『未亡人』がお気に入りだったようです。

 嫡男信忠、二男信雄を産み信長最愛の女性だったとされる側室の吉乃(いこま-きつの)は信長より六歳年上で夫を合戦で失った出戻り未亡人、七男信高・八男信吉を産んだお鍋の方(おなべのかた)もやはり夫を失った未亡人。

  あんなに過激で瞬間湯沸かし器な性格なのに、儚い雰囲気の未亡人が好きというのもちょっと意外ですよね。( ・(,,ェ)・)
  
  
 そんな戦国武将達も、この平成の世では様々なジャンルで平成模様に美化され、偶像化が進んでいますが…――今の世の日本の女性像を見たら、どんな行動を取ると思います?

 豊臣秀吉とか大友宗麟は喜んでAKB48あたりに、上杉謙信はジャニーズ事務所あたりに突撃していくでしょうけど…―――武田信玄とか織田長は、どうするんでしょうねぇ…。( =(,,ェ)=)

コメント
風林火山で検索していてたどり着きました。

この10年間の大河で最高傑作(と思っている)の風林火山!

その感想を楽しく読ませていただきました。

まだ全部読めてませんが、楽しみに読んでいきたいです。

がんばって下さい!
  • のりちん
  • 2011/04/15 10:44 PM
>>のちりんさん

コメントを頂きありがとうございます。

■正直、2007年(四年前)の大河ドラマである風林火山の感想や解説の連載というのは需要がどれだけあるのだろう、と執筆しながら考えていましたので、のちりんさんのコメントは大変励みになりました。

■風林火山は第二十六・二十七回、千葉板垣や竜甘利が退場する寸前、一番の盛り上がりに差し掛かっております。近日中にUPする予定ですので、今後とも当ブログを宜しくお願い致します。
  • 赤髭亭ばるばろす。
  • 2011/04/16 7:15 PM
お市がキレイならお茶々・お初・お江もきれいですよねー?!
  • mizuho130520
  • 2013/01/02 7:07 PM
>>mizuho130520さん

コメントを頂きありがとうございます。

■一昨年は大河ドラマ『江』の主人公姉妹として話題となったお市の方の娘達ですが、さてさてその美貌のほどはどうだったのかと言うと…赤髭の知るかぎりでは。

■長女・お茶々(淀殿・淀君)
母の美貌をいちばん良く受け継いだ娘だったそうですが、叔父・信長の血も濃かったらしく、当時の女性としては異例の身長170cmを誇ったそうです。

 ただし、恰幅が良かったとされる父・浅井長政の血もしっかり受け継いでしまったらしく、お世辞にも細身とはいえなかったようです。

 特に秀吉没後の十数年間は大阪城に篭りっぱなしで運動不足もあり、息子の秀頼ともどもかなり太ってしまったようで、俗説ですが男物の具足(当時は安物でも20kgはありました)を着て城内を歩きまわることが出来たそうですから…――

 宮沢りえさんだとちょっと貫禄不足かもしれませんね…。

尚、余談ですが息子の豊臣秀頼は
身長196cm、体重は120kg以上あったそうです。
見事に信長・長政・お茶々の遺伝子を継いでしまったようですね…(汗。


■次女・初
やはり母譲りの美貌であったと伝えられていますが…唯一似なかったのはその体格。

 わざわざ『細身だった』と書き残されているくらいですので、両親や姉に似ず太らなかったようです。

 もっとも、それが災いしたのか子宝に恵まれた姉と妹と違い、初はただ一人の子供も儲けることができませんでした。


■最後が主人子だった三女の江
実は、彼女の容貌についてはこれといった確実な資料が残されていません。

そのせいか、古い本には『美貌も器量も姉に似なかった。結婚生活が恵まれなかったのはそのせいだ』だなんてはっきり書いているのですが…三姉妹で誰がいちばん倖せだったかは大河ドラマを見てもあきらかなところ。

 判っているのは、小柄で華奢(きゃしゃ、腺が細い)体なのにとにかく丈夫だったことと、勝気で嫉妬深い性格。

 その生涯で生んだお子様が計11人、当時の出産技術では難産になれば死んでもおかしくなかったのに、この人数はちょっとした奇蹟です。
 そういう強い母胎があったせいか母性も嫉妬も強く、旦那さんの秀忠が側室も持てず、ちょっとした勢いで出来てしまった庶子・保科正之を死んでも認知しなかったのは、この子沢山で肝っ玉かあさんの江が怖かったため、というのは有名な俗説です。


 要するに…江はそれなり、茶々と初は美女は美女でしたが、一筋縄じゃいかない美女だったということになりますね。
  • 赤髭公ばるばろす。
  • 2013/01/04 11:42 PM
お市は、本当に信長の妹だったですか?   きれいの秘密は??
  • 沖田&土方
  • 2013/01/19 2:06 PM
>>沖田&土方様
■コメントを頂き、ありがとうございます。

お市の方は本当に織田信長の妹だったのか?という疑惑は、実に江戸時代から論議されている謎のひとつです。

江戸時代に大名となった武将の御家を江戸幕府が調査した、いわば戦国武将の血筋追跡書の決定版である『寛政重修諸家譜』には、お市の方は『織田信秀の娘で、信長の妹』と記載があります。

 幕府の公式記録がそう書いてるんだから間違いないだろう、というのが長年の通説でしたが、お市の方が織田家から出て近江の浅井長政のもとへ嫁いだのは、二十歳ないし二十一歳頃のお話。


 今の感性なら結婚適齢期ですが、ローティーンで嫁にいくのが当たり前の戦国時代では随分な行き遅れです。

 実はこの結婚が遅れた理由、信長がお市を溺愛するあまりなかなか手離せなかった、というスキャンダラスな説もあったりします。

 この説を裏付けるのが、歴代徳川将軍の母親や側室のことについて書かれた『以貴小伝』という本。こちらには、お市は『信長の従妹なり』、つまりはいとこだと書かれています。

 この時代は、親類や家臣の娘をいったん養女にしてから改めて他家へ嫁がせるケースがよくあり、信長も適齢期の娘が居ない時期だったため、いとこを『妹』として浅井長政に嫁がせたんじゃないか?という勘繰りも出来なくはありません。実際の真偽については、今も不確定の靄のなか、といった事になりますね。

■いかがだったでしょうか。今後も、当ブログを御贔屓のほど、宜しく御願いいたします。

  • 赤髭公ばるばろす。
  • 2013/01/19 10:03 PM
お市の性格は、どんな感じなんでしょうか?
  • 石田三成
  • 2013/02/11 6:25 PM
>>石田三成様
コメントを頂き、ありがとうございます。

 赤髭の主観ですが、信長の妹らしく常識にとらわれない信念の強い性格だったと思われます。

 実家と婚家が交戦状態になっても実家に戻らなかったり、女性なのに織田家筆頭格の柴田勝家に嫁いで反秀吉の旗頭として信長の葬儀の喪主となって対抗したり、最後は戦国武将さながらに城をまくらに死を迎えたりと、ありきたりのお姫様ではない生涯です。

 おそらくこれだけ破天荒な生き方なら、かなり信念は強かったんじゃないでしょうか。
  • 赤髭公ばるばろす。
  • 2013/02/13 7:46 PM
貴人の本当の顔を見ることは忌避された時代、果たしてご尊顔を描くでしょうか

所謂おたふく顔はカモフラージュだと思いますよ
  • 匿名係り
  • 2016/01/29 5:32 PM
>>匿名係り様

コメントを頂き、ありがとうございます。

確かにこの時代、貴人の顔を直接見ながら肖像を描くという習慣はまだまだ珍しい時代でしたが、古くは飛鳥時代よりこの『ぱっと見、おたふくな感じのうりざね顔』は連綿と受け継がれてきた美人の条件の一つでもありました。
源氏物語絵巻など平安朝以降もこの点は余り変化しないようでしたし、お市の方の肖像画に関しては文面にもある通り没後七年目にして描かれたもの、恐らくは絵師のそういった感性に大きく影響されていたのは想像に難くありません。

 既に亡くなられていますし、誇張やカモフラージュ的な意味合いもあったかも知れませんが…。
  • 赤髭公ばるばろす。
  • 2016/11/23 9:00 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

■今後、赤髭の活動拠点はHPにも拡大!!

より一層深い戦国知識と知られざる歴史秘話は
『赤髭亭』
にて御覧いただけます!!



■相互リンク
☆【日本の歴史】もっと戦国時代を知ろう! おもしろすぎる戦いの数々

富田様のサイト。戦国時代における合戦にスポットを当てて紹介されています。

■硬派かつ忠実・重厚な戦国歴史大河を、月額980円/四本で自宅に居ながらレンタル・視聴・返却!!
DVDレンタルはDMMで!!
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
■戦乱の世を生きた姫、激動の生涯。

江(ごう) 姫たちの戦国 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,100から
(2011/2/16 18:34時点)

affiliates


■山本勘助、織田信長ら今人気の戦国武将の人生をPSPで疑似体験!!

太閤立志伝V

新品価格
¥4,118から
(2011/3/9 20:20時点)

■本格派かつ新鮮、新鮮かつ重厚。本格歴史大河!!

NHK大河ドラマ 風林火山 完全版 第壱集 [DVD]

新品価格
¥32,337から
(2011/2/16 17:56時点)



■インターネットビジネスを始めるなら、ホームページアドレスが判りやすい独自ドメインがオススメ!
『お名前.com』へご相談を!!


links

当ブログはリンクフリーです。
相互リンク御希望の方は
コメントをお願いします。



■ペンズオイルの
国内正規取扱店です

グリーンフラッグ


にほんブログ村 歴史ブログへ



ブログランキング・ブログ王


当ブログは『ブログ王』に参加しています。


■本格派歴史大河!!戦国乱世を駆ける隻眼の軍師の活躍!!

NHK大河ドラマ 風林火山 完全版 第弐集 [DVD]

新品価格
¥18,480から
(2011/2/16 17:59時点)



profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM