<< 猛将・武田信虎の実像。【前編】 | main | 大河『風林火山』第十七話 姫の涙 感想 >>

猛将・武田信虎の実像。【後編】

JUGEMテーマ:コラム

 
  さて、今回ものっけから『歴史の眼』。

歴史痛の眼。要するに薀蓄のひけらかしとも言う。

 前回は『猛将・武田信虎の実像』シリーズ前篇と題して武田信虎の人となりや背景事情をお話しましたが、今回のお題は『猛将・武田信虎の実像』シリーズ後編。

 …――えぇ、この際なんどでも僕はこの眼でぶっちゃけますよ?『こっから下は、かなり時期を逸してて活用に困る戦国時代の予備知識です』と。

 それでは、御一緒して頂ける皆様の御時間を少々拝借。 。゜+. m9っ;・`ω・´)っ 。+.゜  


 人生五十年の時代に齢八十一歳という毛利元就も徳川家康も超える長寿を生きた甲斐の虎の物語、その後半生。

 大河『風林火山』の表舞台から退場したその後…つまり、信虎が駿河から追放された1541年(天文10年)以降の彼の足取りとその後の余生について、歴史痛的与太話を交えて徒然と語っていきたいと思います。
 
■静かな老後を生きられない
 信虎が甲斐武田家総領の地位を失い、駿河に追放されたのは1541年のお話。



  時系列的に軽くお話しすると…まだまだ戦乱の行方は読めない状況で、日本各地は戦国大名達が覇権を争う群雄割拠の真っ最中。
 
 後に戦国時代に終止符を打つことになる織田信長や豊臣秀吉達もまだ10歳にも満たない子供でしたし、徳川家康などはこの世に生を受けてすらいない状況でした。
 当然、来年の大河『江〜姫達の戦国』の主人公である江姫も生まれていません。

 また、日本の戦国時代を語るにあたって外す事の出来ない一大事件だった『鉄砲』や『キリスト教』も、まだ日本に伝来する前のことです。(鉄砲伝来は1543年、キリスト教伝来は1549年。)


  こう箇条書きしてみると、皆さん『武田信虎は随分古い時代の人なんだなぁ。』と思ったりするかもしれませんが、1541年を逆の言い方で表現してみると

 『室町幕府の統治機構が実質上・名目上共にその機能を停止した、第15代将軍・足利義昭の京都追放の32年前、織田信長が本能寺の変で倒れる41年前、豊臣秀吉による小田原北条家征伐・天下統一の達成の49年前』


 応仁の乱(1467年)から始まった戦国時代も、開始から既に80年余りの時が過ぎていました。
 



 さて、廃嫡し追放したつもりだった晴信と重臣達により甲斐国から追放されてしまった信虎ですが、駿府での隠居生活は意外にも安定していたようです。
 
 大河『風林火山』では我が身一つで故郷から放り出された挙句に勘助や青木大膳に斬り伏せられ、額から血を流しながら哀愁の独り言をつぶやく寂しい暴君の顔を仲代達矢氏が好演しましたが…実際の信虎は"追放"に間違いはありませんが、あくまで"隠居"です。

 駿府出向には甲斐時代の近習や側室達も随行しており、甲斐武田家からも隠居生活の為の仕送り資金が毎年きちんと送られてきていたそうですから、信玄も妙な意味では親孝行を続けていたことになります。
 
 今川家も僧衣の軍師・太原雪斎の補佐を受けた義元が着々と勢力を拡大し、最盛期には駿河・遠江・三河・尾張の一部に渡る広大な領土を統治し、今川義元の武名は『海道一の取り(東海道で一番戦上手な大将)と讃えられる様になり、その庇護を受けた信虎の隠居生活も安定したものでした。
 
 しかし、1555年に今川家を支えた名軍師であった太原雪斎が世を去り、1560年に"戦国の覇者"織田の台頭の契機となった『桶狭間の合戦』が起きると、膠着していた中部戦線は大きな転換を迎えます。


 今川義元が、負けるはずの無かった桶狭間であっけなく討死してしまったからです。
  静かな余生を送るはずだった信虎の周囲も、この混乱で少々話が替わってきます。
 
再び甲斐の地に戻るために…さまよう老虎
 …聡明な政治家であり、怜悧な戦略家であった名君・今川義元が戦国時代の表舞台から退場し、今川家家督は嫡子・氏真(うじざね)に引き継がれます。

 氏真は暗愚だ凡庸だと評判の良くない人物とされていますが、少なくとも信虎には義元ほどの器量を見出せない人物だったようです。故郷甲斐から追放されて二十年あまり、信虎の眼は久々に野望で煌きを放ちだし…

 1563年には、信虎は遂にこの氏真の追い落としを画策します。
 
 この計画の途上に信虎は甲斐へ使者を送り、信玄に『氏真は取るに足らない人物で、今川家は明らかに弱体化している。今こそ、駿河を切り取る好機である』と密書を認めます。

 これを機に、信虎は躑躅ヶ崎へ帰ろうと画策していたのでしょう。

 …しかし、この策略は今川氏真が事前に察知。  事態に窮した信虎は、今川家を退去し三条夫人の実家・転法輪三条家を頼って京都に上ることになりました。

 この京都への旅の最中に、信虎は志摩国で起きた伊勢国司・北畠家と志摩の豪族達の争いに北畠側の軍師として参戦し、北畠軍を勝利に導いたと伝えられていますが…

 この際、志摩の豪族側に参軍し、敗戦の末に所領を失い流浪の牢人になった人物こそ、後に熊野九鬼水軍の頭領となって無敵の鉄甲船団を率いることになる九鬼(くきよしたか)です。
 

■京都に来たはいいけれど
 さて、そんなこんなで都に上った信虎ですが、ちょうど信虎が京都に上った頃は洛中の情勢は目まぐるしく移り変わっており、時の室町幕府将軍・足利(あしかがよしてる)と晴信の義兄にもあたる管領の細川(ほそかわはるもと)が、足利家の家宰でありながら幕府の権力と政権を事実上掌握していた下克上の梟雄・三好(みよしながよし)・松永(まつながひさひで)一党と、兵火を交えた激しい権力争いを繰り広げていました。
 
 信虎は将軍義輝に謁見し、御相伴衆(おしょうばんしゅう。将軍の供周りをする家臣、事実上の権力は無い名誉職でしたが、普通は血筋の良い守護大名家出身の者にしか任命されない名誉職。)に任じられた事が判っています。


 しかし、足利家に仕えた後には伊勢志摩の例の様な軍を率いた活躍は無く、1565年にはその足利義輝も松永久秀・三好人衆(みよしさんにんしゅう。前述の長慶が1564年に没した後、三好家の権力を握った三人の重臣達)により暗されてしまいます。


 これ以降、信虎は京都の情勢を逐一甲斐に報告し、たびたび信玄に上洛を促したと伝えられていますが…。
 これは信虎がわざわざやらなくとも武田家の諜報機関の出張所が京洛にもあり、上杉家や徳川家を牽制する為にも本願寺と連携する必要があった為、それほど重要な役割とは言えません。

 上洛云々というのも後に信玄が動いたからこそ言えるのであって、甲斐信濃、駿河を押さえ周囲を敵に囲まれていた武田家には上洛し将軍を奉じるなど、まるで夢物語。

 大義名分も無い上、野望を叶えられる状況でもありませんでした。

■親子虎の和解、歴史の流れに引き裂かれる
 しかし、その上洛作戦が夢物語に終わらない好機が到来します。

 1568年の末、今川家の屋台骨を最後まで支えていた『女戦国大名』寿が亡くなり、今川家の基盤が緩んだことを悟った武田信玄はいよいよ駿河を侵略。  今川氏真は迎撃を各策しますが、肝心の今川家家臣たち大多数が一挙に武田家に寝返ったため、今川氏真は抵抗らしい抵抗も出来ずに駿河を失陥。

 遠江掛川城城主で今川家に忠義を尽くす重臣・朝比奈
(あさひなやすとも)を頼ってち延びます。


 大河『風林火山』で仲代達矢氏演じる信虎が『…見ておれよ…今川家を切り取り…天下に号令するのは…信じゃ…。』と呟いたあの情景がここに実現することになりました。
 
 信玄はその後も快進撃を続け、その破竹の勢いを頼もしく思った室町幕府将軍・足利義昭から『軍を率いて上洛し、室町幕府をないがしろにする織田信長を討て』との御内書が。 

 遂に武田信玄は上洛を決意し、その道を阻む徳川家康を三方ヶ原の合戦で難なく撃破。

 勇猛で鳴る三河武士団の棟梁・徳川家康軍を蹴散らし、四方八方敵だらけで窮地にあった織田信長へ駄目押しのトドメを刺すのは、甲斐の猛虎・武田信玄だろう…。

 世の中の誰もがそう思った、武田信虎の予言が成就するのは間違いないと思われていたのですが…。


 ――…何とも、時とは無情なものです。
 

 1573年(元亀4年)4月12日。三河野田城を陥落させた甲斐武田軍は、織田信長との対決を目前にして、信濃を経由し本国の甲斐へと退却を始めます。これには、上洛を指示した足利義昭、そして信玄の父親である武田信虎も眼を剥いて驚嘆したことでしょう。

 
 …武田信玄が、くなってしまったからです。享年53歳。
 

 死因は現在でもはっきりしていませんが、『甲陽軍鑑』によれば信玄の病気は(かく)というもの。
 咳や喀血などの症状が顕著だったため『肺癌』だとも、消化器系が弱く最期は殆ど食事を受け付けなかったため『胃癌』『大腸癌』などと考えられています。

 もともと信玄は若年期から健康状態に色々と問題を抱えていたため、当時の医学で考えればこれでも長生きしたほうでしょう。


 何にしろ、戦国最強・不敗の騎馬軍団を率いた甲斐の虎は、世を去り、戦国の表舞台より姿を消しました。
 
 …なお、信玄の死因には他に『三河野田城を攻撃中、城内から聞こえてくる笛の音に聞き惚れていた信玄の姿を見た徳川家康が鉄砲で狙撃した』というものがありますが…。
 

 あんな言を真に受けないで下さい。


  …すみませんね、徳川家康嫌いなもんで。( =(,,ェ)=)


■信玄死後の甲斐武田家と信虎の最
 信玄逝去の報を聞いた信虎が何を思ったのか、どう考えたのかは史書には記されていませんが…永遠に親子が和解することが出来なくなったことと同時に、『これで故郷である甲斐国に帰れる!!』とは考えたようです。
 
 1574年、信虎は京を辞して甲斐国を目指し、その国境間近である信濃国高遠まで出向き、高遠城で甲斐武田家の新しい総領となった孫の武田頼と謁見。三男であった孫六こと武田逍遥軒(信)とも再会します。

  …晴信に甲斐国を追われてから実に32年の時が過ぎていました。信虎は実に齢八十歳。

 …かつて、甲斐駿河間の国境関所で信虎の追放を宣言した者達…嫡男の晴信(信玄)、次男の信繁。…板垣信方、甘利虎泰、原虎胤。飯富虎昌、諸角虎定、…それに山本勘助。…その全員が既に世を去り…信虎にとって憎きも懐かしい面々は、みな草葉のに旅立ってしまっていました。



 武田勝頼は1546年の生まれ…信虎甲斐追放後に生まれたため、祖父の顔を知りません。


…祖父と孫の感動の再会、と思われたこの対面でしたが…信虎は意外な行動に出ます。



  勝頼と対面した信虎は、甲斐武田家伝来の佩刀である筑前左文字をすらり抜くと、齢八十過ぎの老人とは思えぬ鬼気迫る勢いで刀を二・三度振り下ろし、驚いた勝頼や家臣団にこう言い放ちました。

 『…儂はこの刀で、自分に諫言した家臣ども五十余人を悉く手討ちにし、り捨てて来た。…勝頼にも、この非情な祖父の力は必要であろうな。


 満座の家臣団は慄き、凍りかざるを得ません。

 信虎時代の暴虐を知る家臣ならなおさらでしょう。もう甲斐武田家は信玄-勝頼二代が強い地盤を築き、いまさら信虎が座る席などないというのに。
 
 勝頼の側に控えていた家臣が一瞬の隙を突いて信虎から刀を取り上げ…家臣団は勝頼に、信虎がかつて犯した兇状、暴虐非道の数々を取り上げて全部打ち明けました。
 
…色をまいた勝頼は、祖父の顔に視線を戻し、非情の宣言をします。

 『…甲斐国に戻る事は、まかり成りませぬ。この高遠で、信廉叔父の下で余生を送られますよう。』



 このくだりについて赤髭は、また『信虎が暴虐非道な鬼君主だったから、甲斐国に戻れなくても仕方が無い』的意味合いが作為的に篭められていると思っています。


 当時の戦国武将、戦国大名というのは基本的に『老いては子に従う』だなんて殊勝な風習がありません。 例え隠居して家督を子孫に譲り渡したとしても全権力の委譲は無く、重要な国策の決定権はしっかりと握ったままのケースが多いものでした。

 言うなれば、戦国武将の隠居は『自分亡き後の次代がスムーズに権力委譲できる様に、後継者が主君業務の予行演習をするために』行うものだったのです。
 
 実際、織田信長や徳川家康ら戦国時代後期の指導者をはじめ北条氏康や毛利元就、斎藤道三も一時は"隠居"を行い嫡子に家督こそ譲りましたが、政権指導者としての地位は死ぬまで離さないものでした。

 今風に言えば、一大企業の創業者が社長職を降りて後継者にその席を譲るかわり、自分は名誉社長やら会長職やらに就任、会社の実権を握り続けるようなものです。
 

 徳川家康が三男の徳川秀忠に家督を相続させたあとも『所様』と尊称され、駿府で君臨し続けたのはこういった慣習のためです。

 来年の大河でも重要な役割を果たすであろう徳川秀忠の評価が、良い意味でも悪い意味でも極端なのは、彼の実績が彼自身の器量によるものなのか、ただ単に偉大なる大御所・徳川家康に言われたことをただ堅実にトレースし続けただけなのか判断が難しいからです
 


 話を戻しますが…というわけで、信虎が甲斐に戻るということは

武田勝頼政権という政治基盤の上にもう一つ、信虎政権という強い権限のある政治基盤を産み、甲斐武田家の統治機構が二重構造になり領土経営に著しい障害をきたす

 ことになりかねなかったのです。


 そうでなくても、勝頼政権というのは亡父・信玄の構築した政権をそっくりそのまま受け継いだワケではない、少し訳有りの政権だったので家臣団は"旧信玄派閥"と"勝頼派閥"に分裂しかけていた時でした。
 
 こんな状況に信虎を帰させては、勝頼の政権は転覆しかねなかったのです。


 たとえ暴虐非道な信虎の振る舞いが彼を貶める作り話であったとしても、信虎は甲斐に戻れなかったでしょうし…仮に戻れたとしても権力闘争に巻き込まれるか巻き起こすかして、畳の上では素直に死ねなかったことでしょう。




 そして、武田信玄の死を一番大喜びしたのは当然ながら織田
 
 甲斐騎馬軍団の脅威が去ったことを確認した信長は直ちに行動を起こし…足利義昭の組んだ信長包囲網を一気に突き破ります。

 先ず最初は近江小谷城を囲んで義弟・浅井長政を雪隠詰めにし、それを助けに来た越前の朝倉義景を迎撃。義景を逆に追撃して…最終的には、室町幕府を含む敵の大半を滅亡に追いやります。

 なお、江姫が生まれたのがこの1573年です。激動する戦国乱世の情勢、それが巻き起こす悲哀の波を彼女は乳飲み子の時からイヤというほど思い知らされることとなります…。



 
 『京の都に上洛し、天下に号令をかけるのは武田家だ。

 その想いを託した嫡男に先立たれ、かつての悲願が別の英雄によって成就されていく様を、信虎はただ信濃高遠で見つめていることだけしかできなかったのです。


■甲斐の親子虎物語の終焉、そして新しい時代へ
 1574年(天正2年)3月5日。…武田信虎は信濃高遠で81年の激動に満ちた生涯に幕を閉じました。
 
 孫の勝頼は甲斐武田家の誇る常勝騎馬軍団を率いて勢力を拡大し、武田家の最盛期を築くことになりますが…その栄華も無敗の騎馬軍団も、翌1575年…三河長篠の地、設楽ヶ原で織田信長・徳川家康により木端微塵に打ち砕かれる事になります。
 
 …この『長篠の合戦』を期に甲斐武田家の凋落が始まるのですが…それを見なかっただけ、信虎はせだったことでしょう。



 そして、その戦国時代前半期を代表する暴君と入れ替わりに戦国時代の表舞台に駆け上がったのが、戦国の覇者・織田信長。

 …そして、その信長の血脈を次の世代へと受け継いでいく女たち…世に浅井三姉妹と呼ばれた、信長の姪たちです。

 彼女達の波乱に満ちた生涯は、武田信虎のそれに見劣りしない激動づくめの物語。

 ここ最近続いた利家とまつ、山内一豊と千代、直江兼続とお船といったカップルが普通に幸せな一般家庭と思いたくなる波乱の人生劇…になるはずの『江〜姫たちの戦国〜』は、来年1月9日より放送予定です。 ( ・(,,ェ)・)

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

■今後、赤髭の活動拠点はHPにも拡大!!

より一層深い戦国知識と知られざる歴史秘話は
『赤髭亭』
にて御覧いただけます!!



■相互リンク
☆【日本の歴史】もっと戦国時代を知ろう! おもしろすぎる戦いの数々

富田様のサイト。戦国時代における合戦にスポットを当てて紹介されています。

■硬派かつ忠実・重厚な戦国歴史大河を、月額980円/四本で自宅に居ながらレンタル・視聴・返却!!
DVDレンタルはDMMで!!
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
■戦乱の世を生きた姫、激動の生涯。

江(ごう) 姫たちの戦国 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,100から
(2011/2/16 18:34時点)

affiliates


■山本勘助、織田信長ら今人気の戦国武将の人生をPSPで疑似体験!!

太閤立志伝V

新品価格
¥4,118から
(2011/3/9 20:20時点)

■本格派かつ新鮮、新鮮かつ重厚。本格歴史大河!!

NHK大河ドラマ 風林火山 完全版 第壱集 [DVD]

新品価格
¥32,337から
(2011/2/16 17:56時点)



■インターネットビジネスを始めるなら、ホームページアドレスが判りやすい独自ドメインがオススメ!
『お名前.com』へご相談を!!


links

当ブログはリンクフリーです。
相互リンク御希望の方は
コメントをお願いします。



■ペンズオイルの
国内正規取扱店です

グリーンフラッグ


にほんブログ村 歴史ブログへ



ブログランキング・ブログ王


当ブログは『ブログ王』に参加しています。


■本格派歴史大河!!戦国乱世を駆ける隻眼の軍師の活躍!!

NHK大河ドラマ 風林火山 完全版 第弐集 [DVD]

新品価格
¥18,480から
(2011/2/16 17:59時点)



profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM